GEM EDEN 誕生までのストーリー

 

買い付けから始まったストーリー

こんにちは。BIZOUXブランドマネジャーの笹谷です。ビズーでは、これまでに世界中に足を運び、様々な種類の美しい宝石に出会ってきました。その中には、宝石として魅力的でも、内包があったり知名度が高くなかったり、品質として基準に満たなかったり・・買付けを断念してきた宝石が沢山ありました。約20時間乗り継いで辿り着いた異国の地。そこで出会った心惹かれる宝石を、日本に持って帰ることができないもどかしさは、残念の一言では収まりませんでした。

その度に私は「この宝石たちを、いつか日本に紹介したいね!」とバイヤーと話しながら、その場を後にしてきました。さらに、仮に買い付けができた宝石でも、国内で選別を行なっているので、実際にジュエリーとして使用されない宝石がビズーには残っています。良いものをお届けしたいからこそ生まれるジレンマ。

ですが、思い返すと「注目されない宝石に光を当てたい」という想いこそが、ビズーを立ち上げた目的でもあります。そのもどかしさは、いつしか「宝石のロスをなくしたい」という確固たる気持ちに変わっていきました。そして立ち上げたのが、GEM EDENです。

いま、私たちが出来ること

いま世界は、未曾有のパンデミックによって、人々の移動が制限されています。したがって、私たちも買い付けに行く事ができずに、ふたたび買付けができる時を待ち望んでいます。そのため、この夏にまずご紹介するジュエリーは、今までビズーではご紹介してこなかった、国内の宝石たちが中心です。

そして、秋には「すべての宝石は美しい」というコンセプトのもと、廃棄される予定だった宝石や、これまで誰にも買い付けられる事がなかったルースを中心にしたシリーズを展開します。

GEM EDENでは、ジュエリーに限らず、宝石を活用したさまざまなアイテムをお届けします。ぜひ、今後の展開をお楽しみにお待ちください!