【愛の守護石】2月の誕生石アメジストの名前の由来、色、宝石言葉、効能とは?

2月の誕生石「アメジスト」って?

2月の誕生石として知られているアメジスト。「愛の守護石」とも呼ばれるアメジストの、名前の由来、色、宝石言葉、効能・効果や、アメジストを使ったおすすめジュエリーをご紹介します。

アメジストの名前の由来

アメジストという名前の語源になっているのは、ギリシャ語で「お酒に酔わない」という意味の「amethustos」という単語。ギリシャ神話の時代から、アメジストの盃でお酒を飲むと、悪酔いしないと信じられていたのだとか。また、ここから転じて、「人生に悪酔いしない」として、邪悪なものから身を守ってくれる効果もあると言われています。

アメジストの色

「紫水晶」という別名からもわかるように、アメジストは紫色のイメージが強い宝石です。一般的には紫色が濃いものが重宝されていますが、色味が淡くピンクがかって見える「ラベンダーアメジスト」も人気が高まっています。また、熱によって紫色から明るい緑色に変化した「グリーンアメジスト」など、他の色のアメジストも存在します。

アメジストの宝石言葉・意味

高貴、誠実、心の平和、真実の愛、調和、謙虚など

アメジストの開運効果・効能

「愛の守護石」とも言われているアメジストは、恋愛成就のお守りとして人気が高い宝石とされています。悪い誘惑から身を守り、大切な人との愛、心の絆を深めてくれると言い伝えられています。

また精神を癒し、安定させてくれる宝石とも言われています。精神が昂ってよく眠れないときにも安らぎを与え、リラックスを助けてくれるのだとか。

悪い運気をプラスのエネルギーに変えてくれる効果があるとされているため、魔除けのお守りとして身に着ける方も多いようです。

おすすめアメジストジュエリー

お守りのように、アメジストを毎日身に着けられるおすすめジュエリーをご紹介します。


誕生石について

誕生石の由来や宝石の種類など、
詳しくご紹介しています。


コメントする

コメントは認証後に公開されます。