1月の誕生石「ガーネット」の名前の由来、色、宝石言葉、効能とは?

1月の誕生石「ガーネット」って?

1月の誕生石として知られているガーネット。情熱的でパワフルな力があると考えられているガーネットについてご紹介します。

ガーネットの名前の由来

赤い結晶が集まって産出される様子がまるでザクロの実のように見えることから、ラテン語でザクロを表すgranatumにちなんでガーネットと名づけられました。和名では柘榴石(ざくろいし)と呼ばれています。

ガーネットの色

ガーネットと聞くと赤い色の宝石が思い浮かびますが、実は赤色だけではなく、ピンク、紫(パープル)、緑(グリーン)、青(ブルー)、など様々な色のガーネットが存在します。

ガーネットの宝石言葉・意味

真実、勝利、友愛、忠実、生命力、貞節、情熱、繁栄、実り

ガーネットの開運効果・効能

生命力やエネルギーをもたらしてくれる石とされており、古くから兵士たちが戦いに出向く際に護符として身に着けたと言われています。

また、「実り」の象徴とされるガーネットは、勝負事や学業成就、受験や就活など、地道な努力を実らせ、成功へと導いてくれる効果があるのだとか。

友情や恋愛など、大切な人との絆を深める効果もあると言われています。

1月の誕生石ガーネットをあしらった
ジュエリーをご紹介します。

誕生石の由来や宝石の種類など、
詳しくご紹介しています。


コメントする

コメントは認証後に公開されます。